FC2ブログ
日吉真澄
http://hiyoshimasumi.blog49.fc2.com/
World Wide Weblog
集中中
2016-10-24 Mon 20:24
今日も私のブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。

スケートのシーズンが始まって試合いろいろあって楽しみですね。
それも秋冬が最高な理由のひとつなひよさんです^^
日本の選手のみなさん、頑張ってますね。
女子はロシアも観る度に新しい選手出て来て、しかもみんな強い!
アメリカの選手も頑張ってる。
男子も、うの選手、めきめき実績上げててすごいですね!
みんながみんなで切磋琢磨して世界の水準を上げてる感じで
やってる選手達は本当に大変でしょうけれど、
こうしてどんどんみんなが進化していくのにとても感動します。

大輔さん引退しちゃったので、ファンとしてはどうも主役不在感が拭えませんが^^;
でも元々スケート大好きだし、ピアノと似てるところがあって観てるととても勉強になる
というか学ぶことが多いので、主役不在でも楽しみにしています^^
まおちゃんがすごく演技が良くなって素晴らしいですね。
私あまり技の難易度がどうのこうのとこだわってるタイプでないもので
それより、観ていて引き込まれたか、感動したか、美しかったか、
そういうところの方がダントツで大事に思っています。
3回転でも4回転でも、正直あまり違いがよくわかってないし(笑)、
きれいに決まってればそれで良しな実にわかってないファンなもので^^;
凄技より得点より、ひとつひとつの完成度や全体としての印象の方が遥かに大事です。
(まぁ、技の難易度や得点を競うからこそ、「ショー」ではなくて「試合」なわけなんですけどね^^;
すみません、だからとんちんかんだとは頭では理解しながらも、でも結局はあまりそこ観てません^^;)

それはさておき。
まおちゃんの今季のプログラム、すごくおもしろいですね。
曲もファリャとはね〜!いいセンスです^^b
私、作曲家は断然ロシアが好きなんですけど、スペインの作曲家も
スペインセンスがなかなかおもしろくて好きです。
ファリャ、やっぱりかっこいいな〜。
SPで使ってるピアノのアレンジのやつが特にかっこいい。
昔からあの曲好きで良く聴いてたので原曲はよく知ってます。
ピアノアレンジのは初めて聴いたけど、おもしろいですね〜!
音源ほしい〜
2つでひとつに繋がってるっていうアイディアがいいですよね。
さすが世界的トップの振り付け師さんだ^^
演技がぐっとおもしろくなってるのも、振り付け師さんのこういう
あか抜けたセンスの良さが大きく影響してるんだろうな。
それに加えて、年齢を重ねて来て、いろいろな葛藤を乗り越えて来て
そういうものが表現を立体にして陰影のある大人の表現力に変えたんじゃないかなと思います。
いっぱい悩んで苦しんで、でも負けないで立ち上がって続けて来たんだものね、
そういうものなくして芸術は深まらないし、
だからそういうもの全部力に変えて、誰にも出来ない領域へと昇華していってほしい。

本人は、すごくすごくしんどいだろうなと思う。
しかもそれきっともう何年も続いてるんだろうなと。
世の中の興味や期待は、前途有望な方へと向けられちゃうのかもしれないけど
ノリノリな時に頑張れるのは応援も追い風も自信もあって簡単、
頑張らなくても頑張れる。
でも、本当に頑張るっていうのは、
しんどい時に何が何でも頑張り続けられるその意志と強さ。
プラスの位置にいる人がさらにプラスを積み上げていくことより、
マイナスの位置からニュートラルに戻し、さらにそれをプラスにまで到達させて勝つって
本当に本当にしんどい、だからこそそれは本当にすごいことなのだ。
私はそんな強さこそをちゃんと観てあげたいし、そんな生き様にこそ感動します。
10代の頃、大活躍してた頃より今のまおちゃんの方が断然おもしろいし、圧倒的に好きです。

選手は、アスリートだしどうしても年齢が若い。
でも芸術家は、経験や年齢を重ねることでより深いものが出来るようになる。
若造には絶対やれないような深い表現が出来るようになっていくんだよね。
音楽とまったく同じ。
選手を引退してもきっとその後も滑ること止めないだろうから、
もっともっと磨いていけば、もっともっとステキな演技出来るようになるんじゃないかなと思います。
延々しんどいだろうけどね・・・でも、あぁいう人こそすっごい化けるのかもしれないね。
いずれは完全にリンクを去る時が来るだろうけれど・・・
10年後の彼女に期待しています。


***

はなうたを作りたく思ってるのですが、
アルバム制作に全意識が集中してしまっていて、
このエネルギーを分散させてしまうことで、
アルバムのクォリティを半端な出来にはしたくなので
もう少しお休みします。
その分、アルバムの完成度を上げられるように頑張ってますのでね^^

長く時間がかかってしまいましたが、だいぶゴールが見えて来ました。
あれこれ試作したり、改作したりと、
かつてのアルバムより数段多くの労力をかけて作って来ました。
今の時代って、言いたいことをいとも気楽に世の中につぶやける時代でしょ、
あまりいろいろ考えないで、言いたいことを言いたい時に言いたい放題。
私はそれが時々どうもしんどいもので、SNSとかほとんど発言してないしあまり見てもいません。
あれやこれや、情報が多すぎちゃって
脳みそ少ないこの脳のキャパ、すぐにMAXになっちゃって、
いざ重要なこと(音楽とか)考えようにも余白余力が残っていない状態になっちゃう。
影響を受けやすいので振り回されてしまって自分がすごくブレちゃうの・・
自分がブレると音や信念がブレて来る・・・音楽作れなくなっちゃう・・
それは私にとって大問題だから。
(すみません、自分にはあまり合っていないだけで、
すごく楽しくやってる人はそれですごく良いと思います)

音楽家なんだから、言いたいことは音楽の中にこそ込める。
言葉にして散らしてしまうと、音楽のメッセージ力やエネルギーが下がってしまう。
軽くなってしまったメッセージに感動なんて絶対作れない。
音楽家は音楽で勝負してこそと思うから、
一番大事なことや重要なことは、全部音楽の中にこそ織り込みます。
それが、私の勝負のやり方。
真の言葉や溢れるような想いが詰まった、エネルギーの高い音楽を送り出したい。
エネルギーの低いアルバムなんて、そんなつまんないもの誰も聴きたいなんて思わないもんね。
だから、アルバムにこそすべてを込めて勝負する。

今作は、今までで一番正直なアルバムを作れてると思います。
メッセージにしても、技術知識アイディア力にしても、夢や願いも、おもしろさも。
今の自分が精一杯の背伸びをして手に届くところ、
形に出来るギリギリのところまで。
今までが嘘つきなアルバム作ってたわけじゃないけどね、
ここまで徹底的に正直に作ったアルバムはなかったと思う。
インストはホント言葉がないのをいいことに、
音楽の中でガンガン叫べるのがいいです。
言葉にしなくて済むって、ある面、とてもありがたい。
ダイレクトには伝わりにくいのかもしれないけど
言葉にするには大量の勇気がいてとても出来ないようなことを、
ピアノでなら思いきり出来る。
(逆に、思いきり言わないと伝わらないとも言えるけど^^;)
だから、エネルギーを集中させて「ここ一番!」の勝負をかけて全力で作る。
1滴も落とさずに作品に閉じ込めて、おもしろくてステキなものを送り出したいです。

今の自分に出来る精一杯おもしろい、エネルギーの高いアルバムを完成させます。
「こやつの作ってるもの、すごいおもしろいじゃん!?」ってもし思ってもらえたなら
完成したら是非がっちりフルで聴いてやってください。
隅々まで丁寧に拘って仕上げますので、楽しみに待っててもらえたら大きな励みになります^^


もう10月最終週になりましたね。
東京の紅葉が待ち遠しいです。
寒くなってきたので、皆様、風邪ひきませんように。


明日の日本のために頑張りましょう!日本人!
今日も最後まで読んで下さってありがとうね。
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<クリスマスライヴやります | 吟遊ピアノLetter | 10月18日>>
この記事のコメント
#3319
こんにちは。
アルバムを作られていたんですね!
ファンとしてこれは実に楽しみであります♪
いつまでも待ちます。じっくりと自分を込めて下さいませ。
私にとってピアノ曲は、軽く聞き流すだけも気持ち良いし、じっくり聞きこんで情景を思い浮かべる事も良いし、何と言いますか、浸れるんです(笑)
楽しみに、応援しています。
2016-10-30 Sun 13:03 | URL | bluem #-[ 内容変更] | top↑
#3320
bluemさん>
コメントありがとうございます。
アルバムをそう、作っています。
ものすごい時間かけて作って来てて、
最初の構想からもあれこれ内容変わったりしながら
常に自分の出来るベストを探して作り込んで来ました。
待って下さって、本当にありがとうございます。
とってもお待たせしましたが、
この冬のうちにはお届け出来るよう頑張っていますので
どうぞ応援して下さい。
精一杯作り上げますね。

ありがとうございました。
2016-10-31 Mon 03:57 | URL | 日吉真澄 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 吟遊ピアノLetter |
copyright © 2006 吟遊ピアノLetter all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/