FC2ブログ
日吉真澄
http://hiyoshimasumi.blog49.fc2.com/
World Wide Weblog
初映画公開&Premium Living Concert 完了!
2018-06-26 Tue 14:34
今日も私のブログにお立ち寄りいただきありがとうございます。

Premium Living Concert、お越しくださった皆様はありがとうございました。

ライヴ翌日はすっかり死んでました。
昨日ブログ更新したかったんだけど、ネット調子悪くて・・・
遅くなりましたが御礼の記です。
ライヴレポート兼ねて。
ちょっと長文です・・・。

***

今回のコンサート、自分史上最高に舞台裏はサバイバルでしたが^^;
や~、楽しかったです!!
この企画を思い立ったのは3月の始め頃。
少しずつじわじわと考えをまとめていき、
4月に映画を作り上映しようと決断しました。
昨年くらいから「映画を作ってみたい」と思い始めていて、
でも、何もわからないのに本当に出来るかな?と半信半疑でしたが、
思っちゃったら最後、やらないと済まないのがワタクシでして^^;
はてさて実践を考えるとどうやればいいんだろう??と、「???」の日々。
でも、「Premium Living Concert」を決めた時に、
何か目玉がほしくて、じゃあ、この機会にとにかくトライをしてみよう!ということで
勢いに乗ってみた次第でございました。

MCで言いたかったこと、言おうと思っていたことがいっぱいあったのだけど
あまりきちんと言えなかったので、
ライブ後記的にこちらにちょっと書かせてもらいますね。


まずあの「天国のポスト」ですが、
GWに三重県伊勢志摩を訪れた時に出会った実在するポストです。

IMG_0746.png

IMG_6472.png

『天空のポスト』って調べると出てくると思います。
すべてはこのポストから物語を広げていきました。
背景が空に抜けていて、しかもあのレトロな昔ながらのポスト!
私が訪れたのは夕暮れ時だったので、なんかノスタルジックで幻想的でね^^
ちょっと「ジブリ」のようなおとぎ話的な世界観がそこにあって、
「このポストが出てくる物語を作りたい」と思ったのでした。
天国にポストがあって、蘇り的なお話がいいなって。
そして、ライヴの日が梅雨ど真ん中の日程でしたので、
『雨、6月、紫陽花』がずっと感じられるものがいいなと。
それに加えて、『手紙、バス、傘』っていうワードも出てきて。
「鉄道」「列車」ではなくて、なんか「バス」が良かった。

そして、「さぁ、天国から蘇ってくるのは誰なのか?」っていう核心を考え進めていくうちに、
「おばあちゃんと孫娘」、「恋人同士」、「女友達同士」
っていう3択になり。
考えているうちに、女友達のお話にしようと固まっていきました。
私は昨年、初めて友人を天国に見送って、
病だったのだけれど、その日は突然にやってきました。
まるで事故かのように本当に突然・・・。
そんな背景もあって、女友達の物語が一番自分に近かったので決めました。
それに、近年、古くからの女友達のありがたみや尊さを実感することも多く、
そして最近新しく出来た女友達のみなさまがまたステキでね、
そんな流れもあって、女友達を描こうと思いました。
すべての女友達たちに捧げたいなと。

物語は最初は漠然としてて、ところどころ断片的にシーンは浮かんでいたのですが
それをまとめて辻褄を合わせるのに結構時間を要しました。
そして、ある程度見えてきたところで、いざ実践を考えると
「役者問題」っていう大問題が立ちはだかり、悩みの種に・・・。
アニメーションにすれば解決するなぁとか思ったりもして、でもそれも難しく・・・
とにかくどうなるにせよ絵コンテは作らねばということで、
なんとなく写真を絵画加工みたいにして並べてたら、
何気にこれがいい世界観を醸し出していて、
実写でやるよりむしろこの言わば「紙芝居的」な世界観がステキなんじゃなかろうかと思い、
このまま絵画風なスライドショーなら実現が可能かもということで、そのまま進めていくことにしました。
それって「映画」なんだろうか???とかいろいろ悩みましたが、
知り合いの映画監督さんに相談したりもして行けそうだったので
そのまま進めていった感じです。

キャストはふたり、さて誰に出演してもらうか・・・?
スケジュール調整もなかなか難しくて、その状況でふたりをキープするのは相当大変・・・
仕方がないのでひとりは自分がやるしかないか~!(T_T)
で、自分が出ることに(汗)。
いえ、主演がやりたかったわけでも、女優になりたかったわけでもなんでもなかったのですが^^;
でも、このトライをしたことで今まで知らなかった世界をいろいろ見ることが出来ました。
それは巡り巡って音楽に帰ってくると思います。
そして、もうひとりは、イメージ的にもぴったりだった大学時代からの旧友
フルートの真弓ちゃんに出てもらえることに。
とてもありがたかった!

IMG_0747.png

IMG_0748.png


撮影は、雨が降っていなければならず、また満開の紫陽花畑も重要だったので
紫陽花が咲いてくれなければならず、
この天候問題、自然問題がなかなかの大問題・・・。
必ずしも予定していた撮影日に上手く雨が降ってくれるとは限らないという緊張感の中で
いつもに増して天候チェックしまくりの毎日でした。
でも、結果として、雨問題はまったく心配要らなかった結果でしたが!(笑)
撮影の時間になるとちゃんと降ってくれるっていうぬかりなさ!(笑)
私の雨降らし術、音楽よりはるかにプロフェッショナル!(笑)
紫陽花は、相模原市の相模原北公園にて撮影しました。
満開の時圧巻なので是非行ってみてください。
まだ咲いてるかな?もう終わってるかもですが。

IMG_9019.jpg

IMG_9023.jpg

IMG_9021.jpg

IMG_9010 - コピー

ふたりで座って話をしてた小屋は、相模原市の麻溝公園ってとこです。
この小屋がなかなかおしゃれで良かった^^

IMG_9985.jpg

坂の上のカフェは、三重県志摩にあるカフェでした^^

IMG_4307.jpg

IMG_4560.png

制作を進める中で思ったのが、
脚本にしても、撮影にしても、編集にしても、
どれをとっても、「なんかこの感覚はよく知っている!」っていうデジャヴ・・・
作曲している時の感覚とほとんど同じような脳内現象が起きていることに気が付き面白かったです。
つまるところ、もの作りって使っているアイテムが違うだけで同じなんだなと
このことを知れたことは大きかった。

そんな風にして出来上がった初映画作品でございました。

7583917680_IMG_4148.jpg

なんせ、音楽以外のところはすべてひよこなもので、
すっかりビギナーな稚拙なものだったかもしれませんが、
いかにも日吉真澄が作ったなぁ~・・っていうひよカラーは出ていたのではないかなと思います。
メッセージ性のあるものを作りたかったので、
セリフの中にいろいろ織り込み、あのような形に仕上げました。

どうだったかな~?
少しでも楽しんでもらえてたら嬉しいです。

途中に差し込んでいた黒バックのカットがうまく黒くなってくれず、
でも締め切りは容赦なくやってくるもので、そこの調整まで出来ずにタイムアップでした・・。無念!
そこを改善し、音楽をレコーディングしてから
せっかくなので公開をしたいと思います。
もうちょっと待っててくださいませ。



今回は、インビテーションカードから始まって、いろいろな細かいところも出来る限り
コーディネートしたデザインをしたり、手作り感にもこだわりました。
ソファ席がうれしくて、そのプレミアム感を出せるようにといろいろ演出も考えました。

IMG_0770.jpg

IMG_0771.jpg

IMG_0772.jpg

ティータイムも、素敵なのを探せたので、楽しんでもらえたのではないかなと思います。
夏ゆず、めっちゃおいしい~!
雨の珈琲もおいしい~!
↓この写真は、ライヴ翌日に自宅で撮ったものです。
この紫陽花のカップは、北海道でポーセラーツ作品を作ったり教えたりしている
ふるさとの後輩のあやこちゃんに作ってもらった特注品です。
涼子役の真弓ちゃんにも同じものを記念にプレゼント。
IMG_0686.jpg

IMG_0760.jpg

*こんなの私もほしい~!っていう方は、連絡してみてくださいね。
https://irodori-porcelarts.jimdo.com/

アロマもオリジナルブレンドを頑張りました。
コンサート中、香り届いてたかな~?
6月感、表現出来てたんじゃなかな?って思いますが。
あの香り、自宅でも焚いてますがなかなかお気に入りです^^

IMG_0769.jpg


リクエストコーナーも、「タイトル編」「オリジナル編」「カバー編」と設けました。
楽しんでもらえてたら嬉しいです。
ってか、私がとても楽しかったです!^^
「真夏の通り雨」は名曲ですね・・。すごく楽しかった。
寄せられたリクエストは、私がわくわくするものがいっぱい並んでいました。
タイトルもステキなのがいっぱいありましたし、カバーのも名曲揃い、
オリジナルは、楽曲への想い入れが感じられて、ほんとは全部弾きたかった。

IMG_0750.jpg

IMG_0753.jpg

IMG_0751.jpg
(↑この右側の白いホワイトボードみたいのは映像投影用のスクリーンです^^)

キャンドルタイムにステージから見えたキャンドルの光景はすごくきれいでした!
あの光景、忘れません。
しばしの間、祈りを捧げてもらえてたら嬉しいです。

7583917680_IMG_4204.jpg

そして、何より、涼子が!
フルートを演奏してくれたのは最高にうれしかった。

IMG_0755.jpg

1stライブのゲストだったんですよね。真弓ちゃん。
そんな絡みで、当時の記録を探してたらカセットテープが発掘されて^^
当時の声と演奏もお披露目してみました。

IMG_3594.jpg

「懐かしい」ってそれだけでちょっと価値ある気がするね(笑)
正真正銘のひよこな時代のものでしたが、その第一歩があって今があるので
今から当時の自分を見るとダメだしだらけなんだけど、
でも今ではとてもできないようなフレッシュさが詰まってて、
あれはあれで愛おしい自分の軌跡です。
フルートと共にお届けした当時の作品、「i miss you」、楽しんでもらえたかな?
アンケートでは好評だったようでうれしかったです。
フルート、とてもよかったですね!



ひよくじは、「雨のことば辞典」を選びました。
雨の季節楽しんでもらえたら嬉しいです。


そんなライヴとなりましたが。
今回、とにかくすべてのこと、「自分が客席にいたとしたらこんなのあったらすごい嬉しいかも♪」
っていうことをひとつひとつ作らせてもらいました。
ひたすらに皆様の嬉しい気持ちのために・・・ってそれだけを考えて
一生懸命案を尽くし想いを尽くし作り上げたつもりです。
いかがだったかな~?
そんな想いが届いてくれてたら嬉しいです。

そんな日々を過ごしていたことで、自分の中でもいろいろなことが変化出来た気がします。
今までごちゃごちゃしていたパズルのピースがひとつひとつすっきりとはまっていくような
爽快な感覚を感じました。
私が音楽をやることで皆様に喜んでもらえて、世の中がおもしろくなるってことは
結局自分に2倍3倍のうれしさとなって帰ってくるのね^^
何をやるのもすごく嬉しかった。
「これやったら喜んでもらえるかも!」って思うだけでわくわくしました。
自分の音楽を認めてもらえるとか、そんなことどうでもいい、二の次、
「この時間があった自分の人生、なかなかおもしろいんじゃないかな」
「結構いい人生なんじゃないかな」って
そんな風にちょっとでもキラキラとしたものを感じてもらえたなら
もうそれで私は本当に幸せに思います。
それでいいし、それだけでいいなって。

MCでも少し言いましたが、私は結局のところ、
音楽が作りたいのではなくて、「感動」が作りたいだけな気がします。
だから、音楽に固執する必要もなくて、
こうしてあれこれをコーディネートして、総合力としてステキな時間をお届けして、
そのことでちょっと皆様の人生をおもしろく出来たらそれこそがやりたいこと。
おもしろいこと、素敵なこと、感動することを見つけて来ては音楽を通してそれを
プレゼントして生きていきたいなって思うのです。
それが出来るために技術も感性も必要だから、そこは努力して日頃から準備をしていなければいけないし、
それは根気も時間もパッションも要るのでがんばらないといけませんが、
そういう自分を整えて、ステキなことを届けていけることが喜びです。
また季節を変えて、Premiumなやつ、やりたいなぁ。
めっちゃめちゃ楽しい!
みんなに楽しみにしてもらえるようなら、私これからも断然張り切っちゃいます!
どうぞまた是非いらしてくださいませ。


さて。
時はどんどん7月へと向かって行きますね。
ワタクシ、夏季は眠期ですゆえ(笑)
太陽から逃げ続けてなんとか秋まで生き忍びます^^;
はなうたも再開したりしつつ、水面下でおとなしくごそごそと活動しつつ
秋に備えます~!

皆様、なるべく平和な夏をお過ごしくださいませ!


長~くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうね。
明日の日本のために頑張りましょう!日本人!
スポンサーサイト

別窓 | 未分類 | top↑
| 吟遊ピアノLetter |
copyright © 2006 吟遊ピアノLetter all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/